ハンドメイド

ハンドメイドで稼ぐなら知っておきたい基礎知識

投稿日:

ハンドメイドで稼ぐためには商品の品質も大切ですが、しっかりと販売戦略を立てて実行していくことが重要です。

「きれいな写真を撮って商品を出品したらおしまい」と思っていては大間違い。

ハンドメイド作品にはいろんな販売方法があります。

今回は現役ハンドメイド作家がハンドメイド販売の基礎知識と稼ぐためのコツを紹介します。

ハンドメイド作品を売る場所(販路)は大きく3つにわかれる

1.ネットで販売する(アプリ、ネットショップなど)

ハンドメイド作品のネット販売といえば、minneやCreemaなどのハンドメイドマーケット経由で販売するのが一般的です。

しかしこの2社はハンドメイド専門のマーケットだけあって、プロ級の腕前の作家さんがゴロゴロいます。

技術面で勝てそうもない場合でも色々な工夫をすればちゃんと売れますが、

自信がない場合はメルカリやラクマなどのフリマアプリに出品することから始めてみると良いと思います。

単価の高い商品を扱っているなら利用者数が多いヤフオクを利用してみても良いでしょう。

個人的には手数料が安いラクマが好きです。

2.雑貨屋さんなどの実店舗に販売委託する

レンタルボックスなど、販売スペースの一部を貸し出している雑貨屋さんに商品を置かせてもらうことができます。

委託販売はアクセサリーなど小さいサイズの商品と相性が良いです。

 

スペースを貸し出しているお店は検索するとすぐにでてきます。

ネットから応募することもできますが、できれば実際に行ってみて、お店の雰囲気や商品の扱いなど自分の目で確かめたほうが良いです。

また、スペースの貸し出しをやってないお店でも、交渉次第では置いてくれる所もあります。

実はそういうお店のほうが他にライバルがいないので、売れ行きが良かったりするんですよ。

 

もちろんどんなお店でも委託販売には審査がありますので、誰でも置いてもらえるわけではありません。
面接のようにしっかりと商品の良い所をアピールしましょう。

3.イベントに出店する

年に数回、定期的におこなわれるハンドメイドイベントがあります。

大規模なイベントに出店すると1日でたくさんの売り上げを稼ぐことも可能です。

ただし、出店には1万円~の費用ががかる所が多いので、準備費用や材料費を差し引いた利益の計算はしっかりとしておきましょう。

また、いきなりイベントデビューするよりも、SNSなどで集客や告知をおこなったり、他のハンドメイド作家さんと少しだけ仲良くしておくと事がスムーズに運びやすいです。

関東の大規模ハンドメイドイベント

  • アートイベント・デザインフェスタ
  • ハンドメイドインジャパンフェス(Creema主催)
  • minneのハンドメイドマーケット
  • 日本ホビーショー
  • ヨコハマハンドメイドマルシェ

自分が作りたいものではなく、売れそうな商品を作る

ターゲットを決める

自分の商品を欲しいと思い買ってくれる人はどんな人なのか考えてみましょう。

年齢、性別、趣味。

学生なのか社会人なのか、子供はいるのかなど、「ここまで決めるの?」ってくらい詳しくターゲットを決めて作った商品は、必ずだれかの心に刺さります。

 

また、選択肢が限られているほうが、良いアイデアが生まれやすいと言われています。

まっしろな紙とペンを渡されて「なんでもいいから新商品のアイデアを書いて!」と言われても、具体的なアイデアを出すのは難しいですよね。

それでは、「30代前半で金属アレルギーに悩んでいる総合職OLに向けた新商品を考えて」と言われたらどうでしょうか?

「樹脂ピアスと純チタンならどっちがいいかな?」とか、「価格は上がっちゃうけど品質重視で良い素材を使おう」など、想像しやすくなりました。

このように素早くアイデアを生み出すためにも、ターゲットを定めることは有効です。

リサーチ

他人が作ったもので実際にどんな商品が売れているのか調べましょう。

調べるにはメルカリとヤフオクの販売履歴がおすすめです。

この2つのサイトは利用者数がずば抜けて多いので、流行を調べるのに最適です。

 

ただし、売れている商品をそっくりそのまま真似するのは絶対にやめてください。

著作権侵害にあたり、今後のハンドメイド販売に支障がでる場合があります。

これはあくまでも流行りの色や柄などを知るためのリサーチです。

売れ行きがいい商品に乗っかろう

売れ行きがいい商品は何度も作り、同時に改良を重ねていきましょう。

色違いやシリーズ化、セミオーダーなんかをしてもいいですね。

「思いのままに作っているので全部1点物として売ってます」と言っている作家さんもいますが、それで稼ぐにはある程度ファンがつかないと難しいと思います。

売り上げを伸ばすためにもがんばって作りましょう!

売れっ子ハンドメイド作家の動きを追う

minneやCreemaのトップページに掲載されるような売れっ子ハンドメイド作家さんが、どんな活動をしているのか調べてみると思わぬ発見があります。

売れているハンドメイド作家さんは「作って売る」だけではない他の工夫をしています。

その作家さんがSNSを活用している方ならフォローをして観察しましょう。
または、過去から現在までの商品ページに目を通してみるのも勉強になります。

SNSでの発信の頻度、新作をだす時期、商品説明文の変化、写真の撮り方など。

作品を真似してはいけませんが、行動はどんどん真似しちゃいましょう。

販売価格はよく考えてから決める

 

低価格帯の商品と高価格帯の商品を作る

世の中には2種類の人間がいます。

安いものが好きな人と、良質なものが好きな人です。

安売りされている商品を喜んで買う人がいる一方で、「安いのには理由があるんじゃないか」と考える人もいます。

その両方のニーズを汲み取り、安価で入手しやすい商品と高級路線の商品を用意しておくと、価格によってお客さんが離れていくのを防げます。

化粧品に例えると分かりやすいかもしれません。
500mlで800円の化粧水と30mlで1万円の化粧水、あなたならどちらを買いますか?

(わたしは前者です)

極端な安売りや値下げをしない

まず、値下げするということは、自ら商品の価値を下げていることになります。

すでに値下げ前の価格でその商品を買った人が見たら、残念に思うでしょう。

そして「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安すぎる値段に対して不信感を持たれてしまうリスクがあります。

そもそもハンドメイド作品を好んで買う人は、価格の安さよりも品質やオリジナリティに魅力を感じて買ってくれます。

一方安さにつられて購入した人は、値下げ前の価格だったら見向きもしないでしょう。

せっかくなら、自分の作品を気に入ってくれて、大事にしてくれそうなお客様を増やしたいですよね。

 

値下げをしていいタイミングは、その商品ジャンルの相場が下がってきた時だけです。

-ハンドメイド

Copyright© 女の副業 , 2019 All Rights Reserved.